近視・乱視を治せるレーシックとは

レーシックとは視力回復手術の1つで最もメジャーな方法です。メガネやコンタクトなどの煩わしい生活から開放され、快適な日常を過ごすことができるようになります。現在では多くの芸能人やスポーツ選手もこの手術を受けています。

レーシックは眼球の角膜にレーザーを照射し、光の屈折率を変えることで視力を回復させる仕組みです。手術は両目で10分〜20分程度で終わるので、入院することはなく日帰り短時間で手術することができます。手術後からすぐに見えるようになり、上がった視力は1ヶ月程度で安定してきます。

このサイトがレーシックを受ける方の一助になれば幸いです。ぜひ、クリアーな視界を手に入れてみましょう。レーシック手術を受けられる病院・クリニックに関しては以下で説明しています。


レーシック医院ピックアップ

icon 神戸神奈川アイクリニック
最大規模のレーシッククリニック。業界最安プランあり。スポーツ選手も多数受けている。
icon 品川近視クリニック
こちらも大手の人気クリニックで手術件数も多い。


レーシックを受けられるクリニック医院・病院情報

このサイトで紹介している病院・クリニックでは、ホームページからの無料適応検査予約・申し込み・相談ができます。

神戸神奈川アイクリニック  札幌・新宿・名古屋・梅田・神戸・北九州・福岡 ・・・全国各地にあり、体験談も豊富です

SBC新宿近視クリニック  新宿・横浜・大阪 ・・・加藤夏希さん等の有名人が受けられたクリニックです

錦糸眼科  新橋・中目黒・札幌・名古屋・大阪・福岡 ・・・受けられる都市が多いです


最新のレーシック事情と予備知識

レーシックは今では、比較的安く受けられるようになりました。一番安いプランですと「レーシックの費用」は両目8万円程度で受けることができます。 分割払いを選択することも可能です。 レーシックを受けられる年齢は、20歳以上が一般的です。10代での若い段階では視力が安定していないため、手術を受けることはおすすめしません。 「レーシックと保険」の関係なのですが、レーシックに健康保険は適用されません。しかし、確定申告時に医療費控除は受けることができます。これは豆知識なので知っておいて損はないです。

レーシックを受けた芸能人・スポーツ選手で有名なのは、AKB48の前田敦子さんや倖田來未さん、プロ野球の松坂大輔さんなどがいます。 そのほか、陣内智則さん、杉浦太陽さん、東原亜希さん、坂下千里子さん、森下千里さんなど、挙げればキリがないのですが、数え切れないくらい多数の有名人が受けています。


レーシックの不安|安全性・失敗の可能性は?

レーシックは安全性の高い手術ですが、希望を100パーセント実現できるような魔法の手術ではありません。 とはいえ、失明したりするような取り返しの付かない失敗例は0に近く、 5万件以上手術している先生も失明した例は「一度もない」と述べています。 近年の技術の進歩によって失敗例はかなり少なくなっており、危険性はほとんどないと言っても過言ではないと思います。 また、衛生面の管理不足が発覚した医院なども過去にありましたので、きちんとした安心できる病院を選ぶ必要があります。 レーシックによって、視力1.0以上に回復する人の割合は統計的に90〜95%くらいになっています。 非常に多くの人が眼鏡やコンタクトレンズから開放され快適な生活を得ていることは確かです。 とはいえ最終的に視力回復手術をするかしないかは本人の判断次第です。